オンラインカジノで1億2700万円儲かった日本人!でも法律的にどうなの?

ネットゲームで1億2700万円稼いだ日本人?こんな高額当選もありかも!

僕はもともと宝くじファンですが、正直なところ購入した金額が増えたことは一度もありません。

当たりやすそうな方法などを調べ、「タテバラで100枚」などと意気込んで有名宝くじ売り場で購入しても、高額当選する気配はゼロ。

現代では“宝くじに当たるくらいの確率”という諺があるようにも思います。
含む意味は「まずあり得ないこと」という具合でしょうか。
 
あなたがもし「宝くじ等よりも圧倒的に高確率で高額ゲットを狙いたい」と考える僕に同意できるなら、今回の記事は新たな道をつくるかもしれません。

ネットサーフィン中に偶然見つけた高額当選事件

宝くじを買う理由はずばり「大金を手に入れたいから」ですが、当たらない…

そんなジレンマを解消するような別の方法がないものかと調べ物をしていたところ、表題の事件(?)を見つけました。

インターネットでゲームをして、1日で1億2700万円を稼いだ日本人がいるとのこと。

どういうこと?と思って詳しく調べたところ、とあるオンラインカジノ(後述)でジャックポットを当てたようです。

1億2700万円のジャックポット

ちなみにこの方が1億2700万円もの大金を獲得したのは、ビデオスロットと呼ばれるスロットゲームです。
 
日本のパチスロとは大きく異なり、目押しなどの技術や知識は一切としません。

「オンラインカジノ」というものに対して、知りもせず誤解していた自分

オンラインカジノ。聞いたことはありました。

正直、漠然とした怪しいイメージをなんとなく持っていました。

しかし、「怪しい」という感情は「知らないからこそ」生まれるものですが、私はこんなときは「無知ゆえに損をしているかも?」と思うようにしています。

いつかチャンスを逃すのは嫌ですし、自分の認識していることの広さ=世界の広さだという信念の持ち主だからです。

少し脱線しましたが、調べてみるとすぐに“無知ゆえの偏見”だったことが分かりました。
 

個人的なイメージとは正反対だった!

実体を知る前、私がオンラインカジノに対して抱いていたイメージは、

  • なんとなく法律的に危なそう
  • 怪しい会社が運営していて、勝っても支払われなそう
  • ゲーム自体が公平ではなさそう

というものでした。

しかし実体は、

  • 法律的には問題がない(海外に旅行してカジノで遊ぶことと変わらない)
  • 運営会社の多くはロンドン株式市場などに上場している企業
  • 国際ライセンスの審査が厳正で、しっかりとした運営体制でないと認可が下りない
  • 第三者機関による徹底的な公平性のチェックがあるので、運営側でゲームのアルゴリズム調整などができない

というなんとも正反対なものでした。なんと恥ずかしい。
 
日本では確かに「ギャンブル=悪」という植えつけられたパブリックイメージがありますが、私の愛する宝くじも国営ギャンブルに他なりません。
 
正直な感想としては、「“世界中に娯楽を届けて楽しさを提供する”という気持ちで本気で運営している方々になんて失礼だったんだろう」というところですね。

それから「インターネットで遊びながら大金狙えるなんて斬新!」という感じです。(笑)
 

海外では一般的な娯楽として人気が高い

事実、海外では以下のようなテレビCMが流れるほど人気の娯楽だったりします。
企業的にも信頼できるオンラインカジノのCMをいくつかご紹介します。
 

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

いま最も人気のあるオンラインカジノといっても過言ではないのが「ベラジョンカジノ」です。
 
マルタ政府からライセンスを受けていて、ゲームも第三者機関のチェックを介した大手開発会社のものをレンタルしています。
 
ダウンロード不要で、スマホも完全対応、クレジットカード対応、ビットコインも間接的に対応というのも人気の理由みたいですね。

ビットカジノ

ビットカジノ

世界で初めてビットコイン入出金に対応したオンラインカジノが「ビットカジノ」。

身分確認も必要なく15秒で登録できます。法定通貨に変換せず、ビットコインを入金してビットコインで膨大なカジノゲームをプレイし、ビットコインで出金します。
 
ビットコインを持っていない場合はまずそこからなので手間はありますが、ビットコインを眠らせてしまっている人は試しに遊んでみるのもオススメです。

32redカジノ

32redカジノ

運営会社はロンドン株式市場に上場していて、なんとプレミアリーグ(サッカー)の「スウォンジ・シティAFC」の公式スポンサーなどもしていた大手企業です。
 
日本での知名度はそれほどではありませんが、母体が大きく信用できるので初めての方にもオススメです。

 
オンラインカジノというと日本では非常に犯罪的な雰囲気がありますが、海外では社会的信用を伴っている非常にクリーンな業界なんですね。(意外!)
 

「モノは試し」実際に遊んでみた

「1億2700万円稼いだ日本人も、試しにやってみて高額当選したに違いない!」

そう思って実際に32redカジノで遊んでみました。
ブラックジャックなどは普通に稼ぐことが可能なゲームですしね。(後述します)

ゲームはこんな感じです。

 
最近はほとんどのオンラインカジノはスマホで遊ぶことができます。(もしくはPCでソフトを無料でインストールして遊ぶところもあります)

運営が海外なので、決済システムを使わないと入出金が行なえないところも多いです。

「クレジットカード+スマホ可」でさくっと遊んでみたい方
 スマホアプリ感覚で一攫千金!ベラジョンカジノ簡単登録手順
 
もしくは眠っているビットコインがある方はビットカジノが楽ですね。

決済システムというとなんだか難しそうですが、ネット上の海外口座のようなものです。
無料で登録でき、登録も意外なほど簡単にできました。
 
ecoPayzに登録しておけばほとんどのオンラインカジノで利用できます。

まとめると、始めるまでに必要な作業は、

  1. 各オンラインカジノへ登録
  2. 「ecoPayz」のアカウントを作成(ベラジョンカジノビットカジノの場合はなくても入金&即ゲーム可能)
  3. ecoPayzへ入金 → オンラインカジノへ入金

 
正直なところ「ちょっと面倒だな…」と頭をよぎりましたが、

「この程度の作業を面倒くさがる人に、幸運の女神が微笑んでくれるはずがない!」

と自分に言い聞かせてクリアしました。(笑)
最初だけ登録を済ませておけば、あとは自由気ままに24時間いつでも遊べるわけですし。
 

高額当選を目指していよいよ実践!

ようやくecoPayzの登録が済み、400ドル(4万円弱)を投入!

ちなみに私が最初に始めたのは32redカジノというところ。
世界最高のオンラインカジノと言われています。

「初回入金キャンペーン」も実施中でした。

wj-hk-8

あの…想像以上に面白いです。(画像はハルクのビデオスロット)

上の画像はジャックポットではなく、フリースピンといういわゆる「当たり」です。
個人的な感覚としては、日本のパチスロよりも当たりの回数は多少多いかな?という感じでした。
 
正直な話、意外と勝てちゃいました。でも、それはそのはず。

パチンコ等のペイアウト率70~80%に比べ、オンラインカジノは96~97%らしいです。
ペイアウト率(還元率)比較表
「登録からたった数ゲームで22万ドル(約2000万円)を獲得した日本人プレイヤーがいる」というのもちょっと納得です。
 
初めてだったので最初少しとまどいましたが、ゲーム画面についているチャットに日本語で質問してみると、流暢な日本語でサポートしてくれました。
 

オンラインカジノは“強み”で選ぶべし!

他にも5つほどのオンラインカジノを試してみましたが、それぞれ特色が異なるようです。
選ぶならやはり大手ですが、その中でもおすすめを挙げるとしたらやはり…

スマホOK・ダウンロード不要
直接カードで入金できる
オンラインカジノ大賞受賞
ジャックポットが豊富
ビットコインで入出金
本人確認なしの15秒登録
ベラジョンカジノ 32redカジノ ビットカジノ
  • 初回入金ボーナス額で選ぶなら、32red>ベラジョン、ビット
  • 手軽さで選ぶなら、ベラジョン・ビット>32red
  • ゲームの豊富さで選ぶなら、32red>ベラジョン・ビット

という感じでしょうか。
 

まだ日本ではあまり認知が広まっておらず、まさに「時代待ち」という状況ですが、「一足先に高額当選をゲットしちゃう」というのもアリかもしれませんね。

(2018年7月にはカジノ法案も可決されましたね)

家でも会社でも(?)、インターネットとパソコンさえあれば遊びながら大金を狙えるので、かなりハイテクで高尚な娯楽ですね。
 
BET金額を自分で決めるというのもポイントでした。

  • 一回0.01ドルなどに設定して、ローリスクローリターンでまったり遊ぶも良し
  • 一回10ドルなどに設定し、ハイリスクハイリターンで一攫千金を狙うも良し
オンラインカジノで効率よく高額当選を狙うには?

ジャックポットスロットなどは攻略法がなく、やはり当たるまでは減ってしまいます。

  • 攻略法を使ったブラックジャックなどで堅実にコツコツと増やす
  • その資金を使って一気にジャックポットスロットで大金を狙う

という方法が最も効率が良さそうです。



人気ブログランキング

Related post

Return Top