ロト6で3億2000万円当たった男の動画 宝くじは当たっても…

少し前ですが、「イルカデルカ」というテレビ番組にロト6で3億2千万円当たった人が出ていました。この男性は結果的に5年で3億円近く散財してしまいましたが、実際の体験談はためになります。

動画はこちらです。


この方が高額当選したときの状況

年収320万、給料は手取り18万のサラリーマン。6畳一間の安アパート生活。
「宝くじに当たったら…」と考えながら、ロト6は毎週購入していたそうです。

そして2005年1月13日、第221回ロト6で「8 27 30 31 38 42」で一等当選。
ちなみに「8 27 31 38」は年齢や会社に関係のある数字だそうです。(当時38歳)

いつもどおり「適当に買った」と話しています。

当選から4年で残り3000万

当選してから4年後、あっという間に残りは3000万円になったそうです。
テレビ出演に至ったときまでに使った内訳は以下のとおり。

株・FX 1億8000万円
キャバクラ 6000万円
海外旅行 4500万円
女性に貸したお金 600万円
高級腕時計 330万円
生活費など 237万円

お金を持つと不幸になるという話

当選当初は「絶対に誰にも言わない」と心に誓っていたそうですが、気になる女性に暴露したところ、女性の態度が一変。
そして交際→お金を貸す→破綻ということを繰り返したそうです。

こわいですね…。

形上は彼女ができたりするかもしれませんが、女性はお金が目当て。
その交際の先にあるのは空虚感。

「お金を持つ能力」がないまま大金を手にしても、持ち腐れて振り回されて、たいして幸せにはなれないのかもしれませんね。
 
実際の体験談を聞き、かなり教訓になりました。
3億円といっても、そのまま30年で考えれば年1000万円しかないんですよね。

この男性はまたロト6を買っているそうですが…もう運を使い果たしたのではないでしょうか。(笑)

 



人気ブログランキング

Related post

Return Top