年末ジャンボ宝くじと年末ジャンボミニ7000万をシミュレーションで比較!

年末ジャンボ、買いましたか?僕はまだ買っていません。

2013年の年末ジャンボ宝くじは、1等+前後賞で7億円と、例年に比べて夢は大きくなりましたが…2等は100万円と大きく下がりました。

「1等じゃなくていいから1000万くらい当てたい」という人向けなのか、年末ジャンボミニ7000万というのも同時発売されています。

それぞれの概要はこちらの記事でご紹介しています。
→ 【年末ジャンボ宝くじ2013】7億円!発売期間と4つの対策方法

どっちがいいのかな?と思っていたんですが、かなり便利な宝くじ購入シミュレーターを発見したので、それぞれ1000万円分ずつ購入(シミュレーション)してみました。

今回利用させて頂いたのはこちら。 → web宝くじシミュレーター

ある程度の確率の収束は起きていると思いますので、比較してみます。

ちなみに2013年の年末ジャンボはまだ抽選結果が出ていない為、シミュレーションの当選番号は適当な数字だそうです。
 

2013年末ジャンボ宝くじを1000万円分購入した結果

まずは年末ジャンボを1000万円分購入したシミュレーションの結果です。

年末ジャンボ宝くじ2013 シミュレーション結果(画像をクリックすると拡大表示されます。)
 
1000万円購入して、収支はマイナス約771万円。回収率は22.9%でした。
理屈では分かっていても、こうして数字で見るとなかなか厳しいものがあります。

現実的には1000万円も買えませんから、大晦日特別賞ひとつでも当たれば超ラッキー!という感じでしょうか。
 

年末ジャンボミニ7000万を1000万円分購入した結果

次は年末ジャンボミニ7000万のシミュレーション結果です。

年末ジャンボミニ7000万 シミュレーション結果(画像をクリックすると拡大表示されます。)
 
1000万円購入して、収支はマイナス約767万円。回収率は23.3%。
当選率・回収率ともにジャンボと同じような結果になりました。

個人的には少し意外な結果でした。70万円が1枚当たったのは奇跡的かも?
 

それぞれのシミュレーション結果を比較

では、今回のシミュレーション結果を比較してみます。(数字は略です。)

  ジャンボ ミニ
購入金額 1000万円 1000万円
当選金額 229万円 233万円
収支合計 -771万円 -767万円
当選率(合算) 11.01% 10.19%
回収率 22.9% 23.3%
最高当選金額 5万円(6枚) 70万円(1枚)

 
両方ともかなり厳しい結果になってしまいました。
本当に幸運を持った人のみ、1等や2等を当てることができるのでしょう…。

ちなみにロト7のシミュレーションは以下の結果でした。

sm-loto7(画像をクリックすると拡大表示されます。)
 
左側が毎回同じ数字を約1000万分購入した結果
右側が毎回クイックピックで約1000万円分購入した結果

となっています。

いずれも収支はマイナスにはなっていますが、違いが出ています。
クイックピック側では3等(100万円)が2回当たり、回収率も伸びています。

ちなみにキャリーオーバーは無視した上でのシミュレーションなので、実際にはもう少し期待値は高くなるでしょう。

ジャンボの結果と比べると、当選率は3分の1程度ですが回収率では上回りました。
 
「最大12億円+ジャンボの倍以上の確率」とスペックが高く、
僕のイチオシであるチャリロトのシミュレーションも見てみたいですね。

(チャリロトについて詳しくはこちらの記事をどうぞ。)
→ 競輪(チャリロト)の買い方 簡単購入!インターネット投票で最大12億円!

 
ジャンボ宝くじ…少しずつ一生買い続けても、一回だけ1等が当たればプラス…
かもしれませんが、実際は相当の幸運がないと実現は難しそうですね。

一生のうちに一回は当たる自信があれば、継続して買うのも良いかもしれません。
 



人気ブログランキング

Related post

Return Top